手相を学んだ人なら、この線が好きって人は多いと思います。
『太陽線』です。薬指下の『太陽丘』に出る線、もしくは、この太陽丘を目指して昇る線のことです。

その線の持つ意味合いは、人気・名声・成功・金運・財運・芸術的センスを表します。

金運や財運を示す線では、その名もずばり、『財運線』というのがあります。
これは、小指の下に伸びる線なのですが、こちらは主に『お金』自体に注目した運気を示すのに比べ、『太陽線』が示す金運や財運は、仕事での成功による財や、人望によって食べるのに困らないという意味があります。
無形の財産ともいえますね。

この太陽線は若いうちはなかなか現れにくく、30代以降にやっと観られる・・・という感じの線です。
あるだけでも、ラッキーといわれるこの太陽線は、人生においてそれなりの経験と努力でもってやっとあらわてくれるものです。

太陽線が出る人はその象徴する太陽のように、もともとが明るく、周りを照らすほどの暖かさを持つ人が多く、そのためより多くの幸運が引き寄せられてくるともいえます。

人への貢献を考えて行動する人にも出やすいとされていますので、今は太陽線がない・・・という方は、人を喜ばせることや、社会への貢献を意識して行動してみると、太陽線はより出やすいといわれています。

図のように、しっかりとした太陽線が刻まれている人は、金運や仕事運もよく、また専業主婦であれば、家族に恵まれた安定した生活を表します。
また、芸術的センスも磨かれ、人を惹きつける魅力があふれてきます。

この図の位置、感情線の上から刻まれるのが、実は最も多いといわれています。
それが40代中以降に現れるのであれば、太陽線の威力がより発揮されるのが、50代以降あたりで、この時期に大きく花開く、大器晩成型ともいえます。
コツコツと積み上げたものが開花するもので、より末永く幸せになるという吉相です。

もっと若くしてこの位置に出現するのであれば、これは今からようやく運がよくなるつつあることを表す若い太陽線で、徐々に下に伸びていくに従ってより、世間から認められることを意味しています。

いずれにせよ、とても良い相ですね。