実際の手相鑑定手帳から手相の読み解き例です。
現在22歳のゴンさん、女性の方です。各写真はクリックで拡大表示されます。
特徴的な生命線と太陽線のある手相
それぞれの手に主要線をいれてみました。

(外面的要素が出やすい)右手

特徴的な生命線と太陽線のある手相
手のひら全体に細かい線が結構多いのが見てとれますね。
手の形とあわせて考察すると想像力豊かでそれでいてそれが精密で、非常に頭の回転が速いのが現れています。
情報収集能力も高く、また周囲の意見も取り入れ、ものごとの着地点を探るのがうまく、そこに調整する能力も高そうです。

感情線(①の赤線)

若干乱れをもちつつも長さは短めで比較的直線的、刻まれる位置は下よりです。そのため、客観的に物事を観察・分析でき冷静に対処できる能力があります。
また、マイペースにものごとをすすめ、課題には黙々と取り組む粘り強さがあります。
枝分かれの先は親指方向に向かうので、素材の良さを引き出したり、ものごとを美しく整えるといった才能も。別々のものをうまく組み合わせて新たなものを作り出すといったことも得意です。
愛情面では付き合う相手の社会的な立場や地位、家柄を重んじる傾向があります。

知能線(②の黄緑線)と星(⑦の緑線)

生命線と離れて直線的に伸びる線と若干ズレた形で大きく2方向に分かれた知能線を持っています。
生命線と離れた知能線は既存のやり方やマンネリを打ち破るパワーを持ちます。
改革精神旺盛なチャレンジャーな部分があります。
細かくは色を塗っていませんが、開始部分の親指と人差し指の間のあたりの知能線と生命線の間には複数の細かい線での橋渡しがあります。
学生のうちは親・祖父母からの干渉が事細かにあったか、もしくはゴンさんにとって親・祖父母からの評価に大きく価値をおいているところがあるか・・・
知能線が切り替わってあるので、1部ではそうした親たちの求められたとおりにこなす自分と、それに収まりきらない自分を持っているようです。
その収まりきらない自分は、社会的な評価を求める傾向があるので、成年以降は親族に見せる自分と臨機応変に演じわけしていていきそうです。
大きく2方向に分かれた知能線ですが、一本はほとんど生命線に合流するかのように下降しています。
これは想像力が非常にたくましく、自分の世界観をとても大切にしていく相です。
一般的な分野よりもマニアックな特殊な専門家ともなりえます。
もう一方は合理的で、現実的な判断能力を見せる知能線で、形としては文才があることを示しています。
ここで気になるのが⑦の星の存在です。
星はショッキングな出来事を示します。構成する線を見ると、お金関係で非常に辛い経験があったか、お金に関することがなぜか自分の行動の基盤になってしまっているようです。
(たとえば、罰金がいやだから交通ルールを守ろう・・・とか、判断基準にお金をメインに考えてしまう傾向)
ただ、そうしたショッキングな出来事が自身が成功することにもつながっていくという、かなり珍しい相になっています。

生命線(③の水色線)

強い生命線がいくつか切り替わりつつもしっかりと主張しています。
切り替わりの線はそれぞれ人差し指(木星丘)方面、中指(土星丘)方面にのびています。
中指方面に伸びているのは事項の運命線欄を参考に。
人差し指方面に伸びているのは結構な努力でもって社会から認められるような成果をあげる可能性が高いです。
特殊な資格を得る、社会的に権威のある賞を得るといったものです。
手や体を使って活動する人で逆境にも強いです。表現者としても注目を浴びるでしょう。

運命線(④の青紫線)引き立て線(⑧の白線)

もっとも特徴的なのが生命線から伸びる運命線をもっていることです。
自らの力で切り開く運命線で42歳前後に大きなチャンスが訪れそうです。
社会的な成功運は強いほうで、たとえ一般の事務職的な仕事からスタートしたとしても、最終的には専門家的な職につきそうです。
あと、月丘部分に⑧の白線が刻まれていますが、これは引き立て線と呼ばれる線でもあり、周りから助けがある線です。
家庭に入ればパートナーが助けてくれたり、会社であれば上司にかわいがられたり・・・
親族以外の方からの援助を表す幸運な相の1つです。
まとめると自らの努力での開運、他人からの援助での開運と両車輪で運気がまわっているといえますね。

太陽線(⑤の黄色線)

中指よりの太陽線と小指よりの太陽線がでています。
中指よりの太陽線は知能線との関連で文学的な分野での評価や成功を暗示します。
そして小指よりの太陽線は自身のブランディング能力の高さを示します。
もし、成功のための種はどこにあるのか?という問いがあれば、ゴンさんの場合はゴンさん自身の中にあるといえます。
自身の才能ですね。

旅行線(⑥の紫線)

これは生まれ故郷と離れた土地のほうがよい流れにのる線です。
旅行ももちろん吉です。
海外志向も高いかもしれませんね。

(内面的要素が出やすい)左手

障害線で切り替わる運命線と扇形を描く太陽線
こちらの手のひらも線は多いほうです。
情報収集能力の高さ、ネットワーク作りのうまさ、調整能力の高さを示しています。

感情線(①の赤線)

若干乱れ気味の感情線ですが、右手より左手のほうが長く、またカーブも大きいです。
愛情面において相手に対しては一途ですが、自身に対しても一途さを求めます。嫉妬深いほうです。
深刻に求める部分もあり、困難になればなるほど夢中になってしまう傾向があります。
ただ、それを表面には見せずクールを装うため、恋愛においては心の葛藤が深くなるかもしれません。
恋愛や愛情においては自分のそうした心の開放がひとつの課題。

知能線(②の黄緑線)

生命線と離れてスタートする枝分かれしつつ伸びる知能線。
生命線と離れた知能線は思い切りのよさを示します。
右手と同様にスタート地点で生命線との細かい橋渡し線があり家の干渉があることを示していますね。
知能線の分岐はライダーフォークという形になっていて、こちらも文学的な才能を示します。
上向方向にいくつか枝分かれが見られるので、経済観念はしっかりしています。
情報収集のアンテナもたっています。うねりつつもわりとま横方向に伸びているので合理的な思考をもっています。

生命線(③の水色線)

わりとすっきりとした強めの生命線で、自己主張もしっかりできる人です。
胃腸系(特に大腸)の乱れがやや気になるところですが、若さでカバーしている感じです。

運命線(④の青紫色)と旅行線(⑥の紫色)

⑥の旅行線からかさなるように月丘をスタートに運命線がでています。
これは生まれた土地を離れてまわりから支援されて伸びていく相です。若くから引き立てられることも多いのですが、それらを自分の実力だけと勘違いをしてしまうといけません。感謝しつつ自ら研鑽していくことでさらにあらたに道が開けていきます。

運命線(④の青紫色)と太陽線(⑤の黄色)と障害線(⑦の灰色線)

長く伸びていた運命線が55歳あたりで障害線で一旦切られ、その後位置を変えて伸びています。
それに呼応するように、長く伸びていた⑤の黄色の太陽線が同じ障害線で切られてその後再び伸びています。
これは障害と思えるような出来事で、自分のやり方を変えること(もしくは変えざるをえないこと)でより強く能力が発揮され社会に認められるという感じでしょうか。
このV字に似た太陽線は人気運・金運ともに大吉相です。
災い転じて福となすということですね。

結婚線(・・・と呼ばれるもの)

一般に結婚線と呼ばれるものですが、結婚運を示すというよりも深く愛情を持つ時期や状況を示しますので、同棲状態や、またペットや人形など人間以外の対象物との愛情も示します。
もちろん、相手が同性であってもでます。その人の価値観で対象は様々です。
その代表が結婚生活という感じですね。
観てみましょう。

両手ともに2本の結婚線が入っていますが、若干左手は下のほうの線が薄いです。
(光の加減もあるかもしれませんが)
結婚線の数と結婚は先に書いたように本来関係ないのですが、このパターンはわりと「2度結婚する」ということを表すのが多いです。
同じ人ともう一度再婚という人もいますが。
また婚姻届をださずとも、プライベートなパートナーとの暮らしが2度はあるということです。
よく変わる線でもあるので、「現時点では」という文言を付け加えておきます。
相手となる人は自分を成長させてくれる尊敬できるタイプか、経済的に安定したタイプ、またはその両方を兼ね備えたタイプを選びそうです。