感情線に切れ目ができるのは、主にパートナーとの別離を暗示する相です。その切れ目の入る位置で原因が違い、

①中指の下に切れ目が入る場合
 この場合は経済的な理由で別離しかねないことを示します。

②薬指の下に切れ目が入る場合
 この場合は性格の不一致がゆえに別離しかねないことを示します。

③小指の下に切れ目が入る場合
 この場合はお金が原因で別離しかねないことを示します。

といわれています。

想いが続かないために切れ目ができるともいえ、もし、回避を望むのであれば、日ごろからパートナーに対して良いところにフォーカスをあて感謝の気持ちを示すのが大事です。

反対にもう心が離れてしまっていて、一緒にいても心が楽しくならないというのであれば、別れを切り出すのも有りでしょう。

それは自分ためでもあり、相手のためでもあるからです。
感情線の切れ目があるときは一度、自分の心にむきあって考える時期がきていますよ、というサインでもあるのですね。